自己破産・債務整理トップ > 自己破産にかかる費用

自己破産にかかる費用

 まず自分で申し立てる場合の費用について解説します。続いて専門家に依頼した場合の費用についてですが、専門家にかかる費用は事務所によって違います。ここでは管理人事務所である司法書士谷口宏平事務所の場合についてご説明させていただきます。

自己破産の費用

 自己破産を裁判所へ申し立てる際には以下の費用がかかります。

切手代
2,400円 借入先の数によって購入する切手代がかかりますが、多くても7,000円程度見ておけばいいでしょう。また、購入する切手の種類(例 10円切手2枚80円切手5枚など…)が決まっていますので、詳細については裁判所民事部で問い合わせてください。
収入印紙代
1,500円
予納金
10,000円〜20,000円 自己破産を申し立てる裁判所によって変わりますので詳細については裁判所民事部で問い合わせてください。また、ここで説明する予納金はプラスの財産がほとんどない人の自己破産の場合(同時廃止事件といいます。ほとんどの人がこのケースだと思います。)についての金額になります。

 合計で多くても30,000円見ておけば問題ないでしょう。

ひとりで悩むより、相談してみましょう!
全国からの自己破産のご相談を受け付け中。土日祝日、夜間のご相談にも対応しています。

無料相談

司法書士谷口宏平事務所

他の債務整理の費用

 続いて自己破産以外の債務整理方法である民事再生・特定調停についてかかる費用に関して説明させていただきます。

民事再生にかかる費用

 民事再生を裁判所へ申し立てる際には以下の費用がかかります。

切手代
1,240円 借入先の数によって購入する切手代がかかりますが、多くても7,000円程度見ておけばいいでしょう。また、購入する切手の種類(例:10円切手2枚80円切手5枚など…)が決まっていますので、詳細については裁判所民事部で問い合わせてください。
収入印紙代
10,000円
予納金
11,928円 申し立てる裁判所によって変わりますので詳細については裁判所民事部で問い合わせてください。
再生委員報酬
15万円〜25万円 再生委員とは裁判所に選ばれ、裁判所の補助などをとりおこないます。裁判所によっては選任されない場合があり、その場合にはこの費用はかかりません。また、申し立てる裁判所によっては分割にできる場合があります。

特定調停にかかる費用

 特定調停を裁判所へ申し立てる際には以下の費用がかかります。

切手代
1,450円 借入先の数によって購入する切手代がかかりますが、多くても5,000円程度見ておけばいいでしょう。また、購入する切手の種類(例:10円切手2枚80円切手5枚など…)が決まっていますので、詳細については裁判所民事部で問い合わせてください。
収入印紙代
300円×借入先の数

ひとりで悩むより、相談してみましょう!
全国からの債務整理のご相談を受け付け中。土日祝日、夜間のご相談にも対応しています。

無料相談

司法書士谷口宏平事務所

債務整理を専門家に依頼する際の費用

 ここでは、当サイト管理人事務所である司法書士谷口宏平事務所の報酬に関してご説明させていただきます。自己破産をはじめ、債務整理の手続きは言うまでもなくお金に困った人のための手続きです。しかし、債務整理の手続きをしたいが専門家に依頼する費用が心配…というように悩まれている方は大勢いらっしゃると思います。司法書士谷口宏平事務所では、そういった事情を勘案して全てのケースにおいて、報酬は分割でお受けしています(もちろん無利息です。)。また、ご相談やご質問をお受けした際、債務整理を迷っている方に対して営業的な行為は一切致しませんので、まずはお気軽にご相談下さい。

[自己破産手続き報酬] 25万円前後(分割で支払えます。

 自己破産手続き報酬とは、債権者の取り立てを止めるための受任通知発送から必要書類の収集に関するアドバイス、自己破産手続き・免責申立書作成、債権者への受理票の通知まで、申し立て前から免責までの全ての自己破産手続きをサポートする費用です。この費用以外にかかる費用は、裁判所への予納金および印紙代で、約3万円になります。

[民事再生手続き報酬] 25万円〜30万円(小規模個人再生の場合・分割で支払えます。

 民事再生手続き報酬とは、債権者の取り立てを止めるための受任通知発送から必要書類の収集に関するアドバイス、民事再生手続き責申立書作成、債権者への受理票の通知、個人再生委員との3者面談、再生計画案提出まで、申し立て前から再生認可決定までの全ての手続きをサポートする費用です。この費用以外にかかる費用は、裁判所への予納金および印紙代約3万円、再生委員報酬15万円〜25万円(裁判所によっては必要ない場合、また分割で支払える場合があります。)になります。

[任意整理手続き報酬] 債権者1社につき4万円(分割可能・全国から相談可能

当事務所では、過払いが発生した場合を除き、減額報酬はいただきません。

減額報酬とは …
任意整理を依頼した場合、利息制限法に基づいて利息の引き直しが行われ、元金が減額されます。この減額された差額の数パーセントが報酬としてかかる場合があります。これが減額報酬です。

[例えば減額報酬が10%の場合]

消費者金融A社
借り入れ時の元金
100万円
減額後の元金
30万円

上記差額70万円に対する10%である7万円が追加の報酬としてかかる…

 減額報酬を採用した場合、依頼する際にかかる費用がわからず、不安に感じられる方が多いかと思われます。
 このような事情から、依頼いただく際にどれくらいの費用がかかるのかをご理解いただいたうえでご依頼いただけるように、当事務所では減額報酬をいただいておりません。(過払い金が発生し、お金を取り戻せる場合を除きます。)
 なお、任意整理手続き報酬とは、債権者の取り立てを止めるための受任通知発送から取引履歴の開示、和解契約書作成までご依頼から和解までの全ての手続きをサポートする費用です。

債務整理を専門家に依頼した場合のメリット

取立ての停止

 司法書士・弁護士に依頼した場合の最大のメリットは依頼した時点で債権者の取立てが一切なくなるという点です。この点に関しては法律で定められており(貸金業法21条の六)、司法書士・弁護士が事件に介入した後に取り立てた債権者には営業停止などの厳しい処罰が金融庁より下される事になりますので安心して債務整理の手続きに取り掛かる事が出来ます。

返済の停止

 専門家に依頼すればその時点で取立て自体をストップできますので債務整理の準備が整うまで、返済を一旦とめる事が出来ます。

ひとりで悩むより、相談してみましょう!
全国からの債務整理のご相談を受け付け中。土日祝日、夜間のご相談にも対応しています。

無料相談

司法書士谷口宏平事務所

債務整理を専門家に依頼する際の注意事項

ヤミ金や詐欺に注意を!

 テレビや新聞などでも報道されるようになりましたが、借金で苦しんでいる方をターゲットとした悪質な業者があります。この悪質業者はヤミ金、ヤミ金融などと呼ばれ高額な利息を取ることで知られていますが、最近ではそれだけでなく、専門家(司法書士や弁護士など)の名を騙り、債務整理の依頼を受けて口座にお金を振り込ませて騙し取ってしまうというケースがあります。さらには、提携弁護士と呼ばれるサラ金とつながりのある専門家もいます。そういったケースが疑われる場合は、必ず司法書士会や弁護士会に確認をとるようにしましょう。
 以下に悪質業者の定型的なケースを紹介しておきます。

整理屋 …
「債務整理します」などと宣伝して、着手金・手付金などと偽って口座にお金を振り込ませますが、実際には債務整理をせずにお金を騙し取るケースです。さらに悪質な場合、実在の弁護士や司法書士の名義を借りて整理を引き延ばし、取れるだけお金を騙し取るというケースまであります。
買取屋 …
コーチ屋とも言います。融資の条件と偽り、クレジットカードでパソコンなど電化製品を買わせた後、それをわずかなお金で買い取って、さらに高金利で融資までしてしまうというケースです。
紹介屋 …
「どこへ行っても借りられない人大歓迎」「借金の多い方大歓迎」などと宣伝し、融資するようなそぶりで呼び込みます。そして単に審査の緩いサラ金で借り入れをさせ、そのほとんどの額を紹介料として騙し取るというケースです。
携帯金融 …
融資に関する問い合わせ電話番号が携帯の番号である場合、まず超違法金利のヤミ金であると思ってください。このケースの場合の特徴として、店舗はなく喫茶店などの場所で10万円程度の少額を融資することが多いということがあげられます。

ひとりで悩むより、相談してみましょう!
全国からの債務整理のご相談を受け付け中。土日祝日、夜間のご相談にも対応しています。

無料相談

司法書士谷口宏平事務所